忍者ブログ
Home > 記事一覧

文藝同好会「食卓」日誌

文藝同好会「食卓」のメンバーのてきとうな日記。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

締め切り

なんか明日だという電話を以前頂いた気がしましたが、多分疲れていたのでしょう。幻聴です。きっとそうに違いない。
蘆矢です。今日も、ゼミ、英検、簿記、映画、将棋、麻雀、競馬と学ぶことが多すぎて多忙な日々を過ごしています。あと、サークルの新勧で旅行に行ったり飲んだり麻雀打ったりゲーセン行ったりともうくたくたです。五月病って、多分忙しさからもうすぐで解放されるっていう気のゆるみから来るんでしょうね。
それではノシ。
PR

六月一二日の文学フリマに参加します

執筆者:平伊登正船

久々の執筆です。
そして、いきなりですが、悲しい報告を一つ。
私の長年連れ添ったパソコンが死んでしまいました。
彼女の名前はパソ。ありがとう、そして、さようなら。君のことは忘れないよ。
直前に主な作品データをUSBに移していたのは、不幸中の幸いでした。

ついでに、嬉しい報告も一つ。
六月一二日の文学フリマに、今年も参加させてもらえることが決定いたしました。日付、要チェックですよ!!
まぁ、パソが死んじゃったので、あんまり俺の作品は進んでないんだけどね。代わりに、ピアノが成長しました(笑)
いやぁ、そろそろ録音環境が欲しいですね。大学の音響設備の利用に登録しておこうかな。
文芸作品の方は、アイディア自体は溜めこんでケータイにメモっておいたので、きっと間に合うでしょう。
でも、アイディアと現実に生まれる文章との間にはかなり差もあるからなぁ・・・(笑)
役者としての仕事も急遽出来ちゃったりして、今の俺は大変な感じですね。手を広げることは、将来的な文芸作品にとっちゃプラスだけど、やっぱり考えもんだね。基本的にポテンシャルの低い男だからな、俺。

ところで、今度の号には、新しい作家さんも参加しますよ。
ライトノベル寄りの中間小説家さんです。
これをいい機会に、俺のライトノベル寄り中間小説も発表しようかなぁ。
サイト上に過去作品をあげることもすっかり忘れちゃってるなぁ。
いつ発表できるかわからん作品も、ついでにあげちゃいたいなぁ。

五月のはじめに風邪をひくことについて。

march

連休に入ったとたん、風邪をひいてしまった。僕はだいたいのところ、年に一、二回風邪をひくことが多いので、今年もまた来てしまったか、という感じで、もはや諦観するほかない状況である。例えるならば、いつもと変わらないように見えているギターの弦が、ある日突然ぷつん、と切れてしまうようなものである。・・・・・・周りに風邪っぴきが多かったのは、一つの予兆ではあったけれど。


幸か不幸か、連休である。


しかし幾度も経験していることとはいえ、風邪をひく、あるいは、身体が不調になるということは堪えるものである。何も考え付かなくなったり、はたまた普段は想像もできないような思索を試みたりする。そういう時、僕の頭の中には、往々にして一つの考え、あるいは疑いが浮かび上がる。この文章を読んでいる貴方の周りにも一人くらいいるのではないだろうか? 年中、永久凍土みたいに同じ形をしたままの精神を保つ人間が。


彼らは何時なんときも風邪をひいたりしないし、怒ったり、悲しんだりしない。ありとあらゆる状況に、持ち合わせた手足で柔軟に対応する。


彼らの心も、外には見えない形で変化をしているのだろうか? どこかに怒りや、悲しみを表現する術を持ち合わせているのだろうか? それとも、そういった感情すら存在していないのだろうか? 卓越した人間なのか、それともただの天然なのだろうか? そういった疑問は、自分の感情が上下すればするほど浮き彫りになってくる。


完成された人間になるということは、だいたいのところ、そのような人間を装えるようになるということなのかもしれない。


村上春樹のエッセイ(どの本かは失念した)、傷つかなくなることについても参照にされたし。



~ BGM:銀杏boyz なんとなく僕らは大人になるんだ ~

無題

最近方々で袖にされふてくされ気味の蘆矢です★

これ以降は蘆矢の個人的な意見であり、食卓全体の意見や団長のそれを反映しているわけではないことをあらかじめ明記させていただきます

ニュースがほとんど地震関係で情報をテレビで仕入れられないのがちょっときつい今日この頃、西日本の出来事や国外のニュースももっとやるべきな気がします。ラーメン屋が無償で避難中の人たちにラーメンを作っているとか比較的どうでもいい。あと、チャリティー歌番組もそろそろいいんじゃないかなとMステのことですね。そして、甲子園での大垣日大を忘れないで上げてください。

今年は節節で地震の話が出そうですが、おっくうですよね。被災者にとってはトラウマでしょうしそれ以外はネガティブになるし。特に学校とかは始業式早々そんな話されると萎える。あと、自粛自粛いって花見や式典が中止という風潮ですが、絶対この案主張するのって超神経質で融通の利かない人か自分に酔いたい人なんでしょうね。

もうすぐ新学期が始まりますが頑張っていきたいです。
最後ですが、今回の災害で被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

近況とカズオイシグロ

まーちです。
気づけば日記のサイクルも速いですね。相変わらず計画停電も続きそうです。これらの震災と事故が後々にどのような影響を与えていくのか想像もつきません。

さて、最近読んだ小説で、特に面白かったのが『夜想曲集 夕暮れを巡る五つの物語』と『浮世の画家』です。
どちらも日系イギリス人であるカズオイシグロの作品です。
過去に『日の名残り』と『わたしを離さないで』を読んでいたのでその繋がりになります。
彼の作品の多くは価値観の移り変わりをテーマに掲げていて、たびたび主人公は過去信じていた多くのことが間違いとみなされ、あるいは変質してしまったことに直面します。
それをどう処理していくかはそれぞれの問題ですが・・・私たちもいつか『平成』として信じていた常識を捨てなければならないときがくるのかもしれない。果たしてその時私たちは・・・?

本についての考察は後々書きたいと思います。


閑話休題。

こういう日記みたいな文章を書くときにはいつも、上手い文章で伝えようとすればするほど、意図するものから離れていくということを痛感せずにはいられません。思っていることを口に、文章にするというのは骨が折れることだと思います。
舞い上がるほど嬉しいときの感情や、まるで海底で押しつぶされそうなほど弱気な感情も、自分の思い通りコントロールして記すことのできる人間が、この世にはかくも多いことが僕をめげさせます。食卓のリーダーです。日々鍛錬あるのみですね。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[08/26 qDxTmNnAmy]
[08/25 ROijLRvNHI]
[08/24 naJlnCGnOZ]
[08/24 FgbpSwQGoe]
[08/24 SiFnMZXVyY]

最新TB

プロフィール

性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(02/25)
(02/27)
(03/02)
(03/12)
(03/17)

P R